CISのお知らせ

AIを活用した情報検索クラウドサービスを本格的にスタート

2020年01月23日

株式会社シーアイエス

JBCCホールディングス株式会社

JBCCホールディングス株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役社長:東上 征司)の事業会社で、中部地区に密着したビジネスを行っている株式会社シーアイエス(本社:名古屋市中区、代表取締役社長:福田 弘、以下CIS)は、企業内情報検索クラウドサービス「Arrow Search」を1月下旬より本格的にスタートすることをお知らせします。

「Arrow Search (アローサーチ)」は、AI技術とCISが独自に開発したテンプレートを組み合わせた情報検索システムをクラウドにより提供するサービスです。このシステムを活用することにより、企業内の膨大な文章から、簡単に素早く入手したい文章を探し出せ、オフィス業務の生産性を大幅に向上させることが可能となります。

特長として以下の3点が上げられます。
(1) 人の話し言葉で質問が入力でき、キーワードが完全一致ではなくても高い精度で検索ができること
(2) 保管場所や文書形式を意識することなく横断的に簡単に検索ができること
(3) ユーザー自身が検索精度を継続的に向上ができること

製造技術部門における技術文書から、営業部門の提案資料、製品カタログ、人事・総務部門の規定書類、情報システム部門のヘルプデスクでの問い合わせ対応記録、マニュアル、Q&A等を検索対象とできることから、企業内の幅広い部門での活用が見込まれます。

利用料金は、スタート初期費用(クラウド初期設定、初回データ登録支援、操作説明を含む)90万円(税別)、取り扱い文書数5万文書迄で、月額費用は18万5千円(税別)から利用でき、文書数により、複数の月額料金を用意しています。

CISは、これからの1年間で50社への導入を目指しており、利用者の声をもとに、AIソリューションの充実をさらにすすめていきます。

【参考】

機能の特長

・キーワードのみに該当した検索ノイズを除去
・関係性の高いものからランキング表示
・全方位検索による新たな気づきを提供
・検索用の属性登録やタグ登録の手間を削減
・継続的トレーニングによる検索精度の向上
・誰でも迷わずつかえるシンプルなインターフェース
・新着・追加文書を自動で検索対象とするクロール機能
・検索のキーワードとなった用語を結果画面でハイライト表示

利用イメージ

活用シーン・例

本件に関するお問合せ

株式会社シーアイエス
ソリューションサービス営業部 桜井/出見世(でみせ)
TEL:052-261-2197

報道関係の皆様

TEL: 03-5714-5177 E-mail: jb_info@jbcc.co.jp