三協化成産業株式会社様

会計システム「SuperStream/400」を導入し、経理業務の標準化や作業の効率化を実現。

  • バックオフィス・イノベーション

  • 卸売業

“実際に使用しているユーザーを訪問し、実際の運用上のメリット・デメリットを直接確認し経理業務の標準化や作業の効率化を実現。”

SuperStream/400会計導入

お客様紹介

昭和21年にプラスチックの取扱いを開始し、プラスチック専門商社としては最も古い歴史を持つ三協化成産業様は、2016年に創業70周年を迎えたのを機に、経済的のみならず社会的・環境的にも対応した『プラスチックスの有効活用、及び新しい利用価値を提案・提供』を使命とされています。

お客様の課題と導入背景

会計システムは10数年間レガシーシステムを運用されていましたが、

  • 手作業を介することなくシステム間をスムーズに連携したい
  • 伝票枚数を削減したい
  • タイムリーに帳票を見たい
  • 会計データを集約し一元管理したい
  • 経営データとして分析できるようにしたい

等を主な目的として、2008年に会計システム導入を決定されました。
導入決定の際には、すでに同じ会計システムを利用されている他のユーザー様を訪問し、実際の運用上のメリット・デメリットを直接確認いただきました。

会計システム導入効果

会計システム導入にあたり以下の5つの基本方針を設定しました。

  1. 勘定科目体系を整備する
  2. 伝票の承認方法を、システム画面とエビデンスでの確認する形に変更し、合わせてペーパレス化を図る
  3. 本部経費含めた間接部門経費の適正な配賦処理を行う
  4. 現行の帳票の見直しを行い、出力が必要な帳票数を削減する
  5. 月次処理日程の見直しを行い、月次決算早期化を図る

これらの基本方針を実現すべく、極力パッケージ標準機能を適用するように運用自体の見直しを合わせて検討いただきました。
また、2013年には子会社様でも同じ会計パッケージの運用を開始され、経理業務の更なる効率化を進めることが可能となりました。
また、毎年メーカーが開催する製品リリースアップ説明会も参加いただき、最新の機能情報を確認するとともに、自社の業務に有用な機能は積極的に活用いただいています。
管理会計機能としての機能コード(セグメントコード)や予算管理機能の活用の他、ExcelReport機能(システムのデータベースと連携したExcel関数を利用して、自由なレイアウト設計により独自管理帳票の作成が行える標準機能)も活用され、経理業務に大きく役立てていただいております。

導入プロダクトのご紹介

株式会社NESCO SUPER SOLUTION SuperStream/400 基幹会計 支払管理 手形管理

会社名:三協化成産業株式会社
URL:http://www.sankyo-kasei.co.jp/
事業内容:
プラスチックス専門商社

CIS担当者

“会計システム「SuperStream/400」を導入し、経理業務の標準化や作業の効率化を実現。”

バックオフィス・イノベーション推進部

部長太田 正一